人間と科学 第323回 植物と薬と人間(1) ③

続き:

 斉藤(私)も前任の教授の後を継いで、薬学部では生薬学や薬用植物学の講義を担当したが、決して植物の名前や育て方に詳しいわけではない。市民講座などで講演した後や、古い同級生などに会うと、自分の好みの植物の育て方やその名前を聞きに来る方が多いが、多くの場合は残念ながら満足のいくお答えをすることができない。このような植物を見る目や植物を育てる能力などの、いわゆる「植物心」は先天的な才能に依るところが大きいように思う。専門教育を受けていなくても、植物を見分けて名前を覚え、次に見た時に正確に判別できる先天的な能力を持った天才的な人たちが確かにいる。日本の植物の分類に大きく貢献した牧野富太郎氏などは、このような天才の一人だったと思われる。

 しかし、現在では斉藤(私)のように植物を見分けて名前を覚えることに凡庸な人間にも便利なスマホのアプリが利用可能になっている。斉藤(私)もそれらの植物判別アプリを使っている。その精度は 98%とも言われているが、確かに一部分だけの写真を撮っても直ちに植物名やその植物に関する様々な情報を教えてくれる。実に便利であるが、昔のように学生版牧野植物図鑑を携えて、いちいち特徴を捉えて名前を調べた楽しみはなくなってしまう。

 さて、話は脱線してきたが、教授室のにおいの話にもどろう。斉藤(私)2020年3月に薬学部教授を定年退職したが、かって斉藤(私)の訪れた若い学生さん達が巣立った後に、何年かして斉藤(私)の教授室の何を思い出すだろうか?爽やかな芳香か、はたまた、息苦しい雰囲気に包まれた思い出か?こちらとしては長い学期末の試験成績をもらう時のできの悪い学生のような気分である。

2021年5月 5日 (水)

人間と科学 第323回 植物と薬と人間(1) ②

続き:  精油を含む生薬は多くあるが、その中でも歯医者さんになじみの深い生薬が丁子(あるいは丁香)だ。英語名はクローブ(Clove)で、東南アジア原産のフトモモ科植物のチョウジ (Syzygium a...

» 続きを読む

2021年5月 4日 (火)

人間と科学 第323回 植物と薬と人間(1) ①

斉藤和季(理化学研究所環境資源化学研究センター長)さんの研究小論を載せる。 コピーペー:  連載「植物と薬と人間」は、まず私(斉藤)の自己紹介から始める。私は長く大学の薬学部で生薬学や植物成分のゲノム...

» 続きを読む

2021年5月 3日 (月)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ⑦

続き: ■ 理想社会かデジタル・ディストピアか  中国のデジタル戦略は2015年、李克強首相が提唱した「インターネットプラス(互聯網+)」で大きく加速した。大衆による起業と万民によるイノベーションをめ...

» 続きを読む

2021年5月 2日 (日)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ⑥

続き: ■  究極の監視社会とデジタル技術  新疆ウィグル自治区は習近平主席が提唱する現代版シルクロード「一帯一路」の重要な拠点だ。ウィグル族への苛烈な監視が始まったのは 2015年頃からと言われる。...

» 続きを読む

2021年5月 1日 (土)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ⑤

続き: ■  新疆ウィグル自治区で起きていること  過って北京市北西部に「新疆村」があったことを知る人はもう少ない。ウィグル・レストランや民族色豊かな絨毯や独特の楽器を売る店が軒を連ね、路上は「羊肉串...

» 続きを読む

2021年4月30日 (金)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ④

続き: ■ 百花繚乱の中国イノベーション事情  「中国のシリコンバレー」とも呼ばれる深圳市では、すでに公共交通機関はすべて電気自動車(EV)だ。自家用車の EV 転換も進んでおり、近い将来、深圳市から...

» 続きを読む

2021年4月29日 (木)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ③

続き: ■ デジタル技術で変容する中国社会  中国社会に変化をもたらすもう一つの技術が顔認証。顔認証は生態認証技術の一つで、人間の顔の画像から特徴を抽出して人物を特定する。画質の向上と、AIによる「深...

» 続きを読む

2021年4月28日 (水)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ②

続き: ■ コロナで加速する中国のデジタル革命  驚異的なスピードで進化を遂げる中国のデジタル・テクノロジーは、人々の行動にも変化をもたらしており、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)がこれに...

» 続きを読む

2021年4月27日 (火)

中国デジタル革命と監視社会の行方 ①

倉澤治雄(科学ジャーナリスト)さんの小論を載せる 「世界 4」より コピーペー: ■ 「コピー大国」から「科学技術強国」へ  近未来の人間社会に最も影響を与える技術はおそらく人工知能(AI)だろう。農...

» 続きを読む

«Social Science 大人のう蝕リスクとその対処を考える ⑤