2019年3月18日 (月)

Science 初期口腔がん早期診断には ~蛍光診断法の確立~ ①

里村一人(鶴見大学歯学部口腔内科学講座教授)さん・舘原誠晃(鶴見大学歯学部口腔内科学講座講師)さん・佐藤徹(鶴見大学歯学部口腔内科学講座准教授)さん・藤永桃歌(鶴見...

» 続きを読む

2019年3月17日 (日)

これからの薬学と歯学 ③

続き: ◎骨粗鬆症病態依存性薬物送達システムの創生  薬物放出速度論の基礎的概念を自己硬化型アパタイト系セメントに適用し、種々の幾何学的構造特性を持つ人工骨の分子物理化学...

» 続きを読む

2019年3月16日 (土)

これからの薬学と歯学 ②

続き: ◎自己硬化型アパタイト骨セメントによる薬物複合化材料の薬物放出制御  1985年にユタ大学 William I. Higuchi 研究室に留学し、Brown ...

» 続きを読む

2019年3月15日 (金)

これからの薬学と歯学 ①

「内の目・外の目」第195回 大塚 誠(武蔵野大学薬学部薬学研究所教授)さんの小論文を載せる。コピー・ペー: ◎はじめに  古来、薬は、奥深い森や山から専門家の目利きに...

» 続きを読む

2019年3月14日 (木)

遺体科学の挑戦(4)―③

続き:  コツコツと現地の人と交流するなかで分かってきたことは、この奇妙なニワトリが、人々の愛情をしっかりと捕まえているということであった。ベトナム」戦争の戦禍の中でも、こ...

» 続きを読む

2019年3月13日 (水)

遺体科学の挑戦(4)―②

続き:  さて、東京大学総合研究博物館でドンタオの剥製標本の展示中である。ドンタオ(Dong Tao)という名で呼ばれる歴とした家禽のニワトリである。→ 足が太くて、ユーモラスな...

» 続きを読む

2019年3月12日 (火)

遺体科学の挑戦(4)―①

「人間と科学」 第297回 遠藤秀紀(東京大学総合研究博物館教授)さんの小論文を載せる。 コピー・ペーする。  遺体科学のモットーは、死体から整えられる標本の恒久収載だ。それは...

» 続きを読む

2019年3月11日 (月)

事件は公開の裁判へ

続き:細野祐二さんお文章を載せる。コピー・ペー。                        ■  2019年の年が明け、1月11日、ゴーン元会長の特別背任によ...

» 続きを読む

2019年3月10日 (日)

ハリド・ジュファリ氏

続き:細野祐二さんの文章を載せる。コピー・ペー                        ■  ここにサウジアラビアの知人ハリド・ジュファリ氏が登場する。...

» 続きを読む

2019年3月 9日 (土)

通貨スワップ契約―(2)

続き:細野祐二さんの小論文を載せる。コピー・ペー。  ところで、ゴーン元会長が通貨スワップ契約を締結して18億5000万円の評価損を日産自動車に付け替えたと言うと、ゴーン...

» 続きを読む

«通貨スワップ契約―(1)

無料ブログはココログ

お気に入り