ポストコロナ医療体制充実宣言 ①

広多勤横浜ヘルスリサーチ代表 書いてろ。 コピーペー:

 厚労省は11月6日、医療関係団体等と「ポストコロナ医療体制充実についての意見交換会」を開催、「ポストコロナ医療体制充実宣言」を取りまとめた。

 この意見交換には厚労省から武見敬三厚生労働大臣のほか大臣政務官、事務次官が出席、医療界からは日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会が参加した。

 同宣言は、この3年間の新型コロナウィルスお感染拡大に対して、国民の理解・協力もあって、我が国の死亡者数は相対的に低く抑えられてきたものの、著しい感染者の増加により医療の逼迫を招いたことから、平時からの備えが必要であることが明らかになった。と指摘。

加えて、感染症有事にも 切れ目ななく質の高い医療を医療を提供するためには医療のデジタル・トランスフォメイション(医療 DX ) が必要であると述べている。新型コロナウイルス感染症の感染は継続している状況ではあるが、次の感染症拡大への備えを厚労省、医療界ともに先手、先手で実施するため」の取り組みを「集中的に進めることを共同で共同宣言する」としている。

2023年11月30日 (木)

Report 2023 感染症根絶 ④

続き:  当時はアフリカ諸国を中心に 21 か国で 350 万人の患者が発生していた。同センターでは、集落の中で信頼の厚い 住民をリーダーに育て、ギニア虫症状の知識や予防方法を住民ら知ってもらうことに...

» 続きを読む

2023年11月28日 (火)

Report 2023 感染症根絶 ③

続き:  特に途上国で影響が著しい。  ポリオの根絶計画の遅れを尻目に、着々と患者を減らして根絶のゴールが目前に見えてきた感染症がある。ギニア虫症、重症寄生中症だ  ギニア虫は主にサハラ砂漠以南に生息...

» 続きを読む

2023年11月24日 (金)

Report 2023 感染症根絶 ②

続き:  現在、野生型ポリオウイルスが常在する国はパキスタンとアフガニスタンの 2 か国のみになった。2022 年の発症数はアフガニスタン 2 例、パキスタンで 20 例が報告されている。  ところが...

» 続きを読む

2023年11月15日 (水)

Report 2023  感染症根絶 ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんの小論文:コピーペー:  10 月 24 日は「世界ポリオデー」。ポリオ・ワクチンを開発した米国の医学者ジョナス・ソ=ク氏の誕生を記念して設けられた。例年、ポリオの...

» 続きを読む

2023年11月11日 (土)

Science 糖尿病における歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ⑦

続き: おわりに  糖尿病と歯周病な関する大規模 RCT の数は少なく、合併症も多岐にわたる。さらに近年新しい糖尿病治療薬も次々に上市され、治療法も様々であり、結果の評価を難しくしている。一方で、実験...

» 続きを読む

2023年11月 8日 (水)

Scince 糖尿病と歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ⑥

続き: その2  動脈硬化は、血管内皮細胞に接着した単球・マクロファージが動脈内膜に侵入し、そこで炎症を起こすとともに、酸化LDLなどを貪食することにより泡沫化することで発症する。一連の過程で、中膜平...

» 続きを読む

2023年11月 3日 (金)

Science 糖尿病と歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ⑤

続き: 3. 糖尿病において歯周炎が合併することの真の問題は、糖尿病性血管障害の促進である。  歯周病が動脈硬化性疾患の発症・進展を促進するか否か、多くの基礎研究、臨床研究、疫学研究がなされてきた。そ...

» 続きを読む

2023年10月31日 (火)

Science 糖尿病と歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ④

成瀬桂子(愛知学院大学歯学部内科学講座主任教授)さんの小論文をコピーペー:4回目。  糖尿病における高血糖が、ミトコンドリアにおける活性酸素(ROS) 産生増加を介してNO 反応し、 peroxyni...

» 続きを読む

2023年10月30日 (月)

Science 糖尿病と歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ③ 

2. 基礎研究見えてくる糖尿病における歯周炎とその発症・進展機序  ストレプトゾトシンによる誘導糖尿病モデルは、ストレプトゾトシンによる膵β細胞の破壊をもとにした 1 型糖尿病モデルである。我々はこの...

» 続きを読む

«Science 糖尿病と歯周病 ~基礎研究からその問題点を考える~ ②