政治のプライバシーとプライバシーの政治 ①

宮下 紘(中央大学総合政策学部准教授)さんの小論文を載せる。 コピー・ペー

 

1 政治のプライバシーの危機

 

 主催者である国民は投票の自由を有し、その投票の秘密が保障されている(憲法15条)。この憲法上の投票の自由と秘密は新たな監視技術により覆されようとしている。

 この民主主義への挑戦は、フェイスブックの最大8700万人の個人データが、イギリスに本社を置き、選挙活動のコンサルティングを行ったデータ分析会社であるケンブリッジアナリティカ等へと流用された事件(以下、「FB=CA事件」という)から理解することができる。

 元ケンブリッジアナリティカ研究員として内部告発をしたクリストファー・ワイリーは、欧州議会の公聴会に於いて、EU離脱をめぐるイギリスの国民投票においてフェイスブックの個人データを悪用した「でっちあげ」があったことを認めた。ワイリーは、「ケンブリッジアナリティカにより作られたデータターゲット技術とアクターネットワークがなければ、イギリスのEU離脱は起きなかったと信じている」と証言した。個人データ分析による選挙の操作が示されたのである。

 FB=CA事件は、イギリス選挙で起きた対岸の火事で済まされない。実際、この事件の発端となった心理アプリを利用し、個人データが流用された可能性がある日本の利用者は最大で約10万人にのぼる。即ち、既に日本の利用者の個人データを用いた投票行動に影響を及ぼすことは物理的に可能であり、全く、同じ事件が日本の選挙でも生じうるものである。

 FB=CA事件は、単に個人のプライバシーの問題にとどまらず、プライバシーが適切に保護されないことで民主主義それ自体が危機にさらされたことを主題化させた。プライバシーの主題は、もはや個人の私生活や商取引における監視の脅威にとどまるものではなく、民主主義への挑戦となった。この小論は、この主題を通し、「政治のプライバシー」の危機を説示し、そして「プライバシーの政治」の必要性について論じていく。

2019年6月11日 (火)

グローバル化するロビイング

続き:著者―内田聖子(NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)さんの文をこぴー・ぺー:    グローバル化によって、大企業の動きは国籍を越え多様化している。日本に外資系ロビイ企業が増え...

» 続きを読む

2019年6月10日 (月)

企業のロビイ活動とは

内田聖子(NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)さんが述べている。コピー・ペー:    どの国・どの時代でも、政策は政治家や官僚だけが作っているものではない。企業やその業界団体、ある...

» 続きを読む

2019年6月 9日 (日)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ⑥

続き:     10. 予測歯科に向けて    ポスト平成の歯科医療に期待されるパラダイムシフトは予測歯科の実現である。この予測歯科とは、発症前に口腔疾患発症リスクを客観的・定性的に評価し、リスクに応...

» 続きを読む

2019年6月 8日 (土)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ⑤

続き:     8. P. gingivalis の歯周病原性を決める遺伝子型    すべてのP.gingivalis が同じ歯周病原性をもっているのではなく、歯周病原性は本菌の遺伝子型によって異なる...

» 続きを読む

2019年6月 7日 (金)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ④

続き:     7. 歯周病の最新病因論   1) 歯周病菌  1980年代から、歯周病の発症にはPorphyromonas gingivalis をはじめとする一群のグラム陰性嫌気性桿菌が深く関わっ...

» 続きを読む

2019年6月 6日 (木)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ③

続き:   6. う蝕の最新病因論   1) う蝕原性菌  ミュータンス球菌は間違いなく最強のう蝕原性菌であるが、21C.になって、ミュータンスレンサ球菌以外の酸産生菌も、う蝕偶発症に関わっていること...

» 続きを読む

2019年6月 5日 (水)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ②

続き:     2. 抗菌薬療法    抗菌薬(抗生物質)には殺菌あるいは静菌作用がある。しかし、バイオフィルムは殺菌・静菌効果をもつ物質や免疫物質の内部への侵入阻止することはよく知られている。おまけ...

» 続きを読む

2019年6月 4日 (火)

Clinical バイオフィルムを管理→予防歯科 ①

天野敦雄(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座予防歯科講座予防歯科学教室教授)さんの研究文である。コピー・ペー:     1. はじめに   1) 昭和のむし歯の洪水  昭和の昔、むし歯の洪...

» 続きを読む

2019年6月 3日 (月)

Report 2019 手術支援ロボット ③

続き:    今後は、その事情が少し変わるかもしれない。「da Vinci (ダビンチ)」の基本特許の多くが2019年中に切れることもあり、後発の手術ロボットの開発に拍車がかかっている。日本国内の複数...

» 続きを読む

«Report 2019 手術支援ロボット ②