« 人生の後半をより豊かにする | トップページ | 地元選出国会議員との懇談ー民主党議員と »

2008年6月25日 (水)

地元選出国会議員との懇談ー自民党議員と

熊本県保険医協会では、県選出国会議員が帰熊のおり、協会との懇談を申し入れを行っています。その中から、衆議院議員の木原稔さんと行いました。木原さんは、報告では、国会はガソリン税と年金医療問題で混乱が続いており、その中で党利党略が渦巻いている。いま、高齢者医療制度の問題が大きくなっている。しかし、国会では事前の説明不足と自己負担があるという程度でのことであった。帰熊して、老人会や自治会を回って、何が問題なのかはっきりわからない。-県下の生の声が出てこない。財政では、官僚の無駄遣いを深刻に考えている様子で、これからの課題は天下り先の問題や特会の問題を同志の議員と検討を進めている。又、後期高齢者保険制度にはその制度の開始の理念自体に問題が有るのだ。でも、すでに動き始めた制度を急に撤廃は出来ないのだが、問題のあることは確かなことだ。これを変えるべきところは変えていきたい。当協会では、熊本県自体は、全国の中でも高齢化の進んでおり、保険料も自己負担率も年々上昇している。その上、かかりつけ医制度が、実際は、重複診療の抑制を目標に置いており問題が深いのだ。又、書類作成や人員配置等の多くの足枷を付けた診療報酬改定の問題、療養病床の削減の影響などを情報を出したところ、大変興味を持って頂き、今後定期的な情報交換を行うことを木原さんから希望を出された。

« 人生の後半をより豊かにする | トップページ | 地元選出国会議員との懇談ー民主党議員と »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元選出国会議員との懇談ー自民党議員と:

» ガソリンカードの特徴 [ガソリンはクレジットカードでお支払い]
ガソリンカードに関する情報サイトです。トラバ感謝申し上げます。 [続きを読む]

« 人生の後半をより豊かにする | トップページ | 地元選出国会議員との懇談ー民主党議員と »