« 発達障害って何? ① | トップページ | 自閉症スペクトラムと情報処理過剰選択仮説 »

発達障害って何? ②

最後に、第4の全般的な知能の問題です。細かいことをいえば、”知能とは何か”ということは大問題ですが、ここでは普通に知能テストで計っている能力のことを指します。一般的な知能テストでは、知能を「言語性知能」と「動作性知能」に分けて測定します。言語性が高くて動作性が低いと、よく喋り何でも知っているように、その割には実際的な問題解決ができない人に見えます。逆に、動作性が高くて言語性が低いと、会話がうまく成立しないので、実際の作業能力に比べて知的に低く見えてしまいますし、抽象的な社会的関係が解らからないので、非常に社会性が低く見えます。では、知能が高ければうまくいくのかといえば、そうでもない。アスペルガー障害タイプの場合には、とても知能が高い場合でも、社会適応には大きな困難があります。むしろ、知的にはあまり高くなくて、自閉症らしさが強いケースの方が、適切な福祉的対応があればかえって適応がよいことも多いものです。最近問題になるのが、IQ70以上85未満のいわゆる境界知能のケース。この範囲は、病気や障害として診断する範囲でないのですが、現代社会では、適応が非常に困難な場合があります。他の今まで述べた3つの視点の症状と伴って存在する場合には、何らかの診断名をつけて支援を受けられるようにしていくという現実的な選択肢も念頭に置いたほうが良い。以上4つの視点で評価して、何か深刻な問題がある時は、発達障害の疑いとして専門医などに紹介すると良いでしょう。





« 発達障害って何? ① | トップページ | 自閉症スペクトラムと情報処理過剰選択仮説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413185/48141472

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害って何? ②:

« 発達障害って何? ① | トップページ | 自閉症スペクトラムと情報処理過剰選択仮説 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

お気に入り

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

わんこちゃん