« 2016/04/14から ③ | トップページ | 二重、三重、四重の辛苦の2016年だった »

2016年12月30日 (金)

2016/04/14から ④

続き:
8月
1日 熊本市は自殺男性を含む7人の震災関連死認定 7日 甲子園で全国野球開会式、県内の被災球児が始球式 14日 南阿蘇村の収容遺体を行方不明の大和晃さんと確認 15日 政府の地震調査研究推進本部が、活断層帯長期評価の見直し案 16日 嘉島町で慰霊祭 19日 熊本市が「震災復興計画」素案公表 26日 嘉島町が震災復興基本方針 30日 県災害対策本部が解散
9月
6日 テクノ仮設団地にイオン仮設店舗 15日 熊本市最後の避難所閉鎖 16日 阿蘇山上への登山道路開通 18日 藤崎八幡宮例大祭の神幸行列 21日 熊本市が関連死1人認定、犠牲者は計102人 28日 県内被害額3兆7850億円と県試算 29日 熊本市で新生児含む6人を関連死認定。関連死は計53人で直接死50人を上回る
10月
1日 南阿蘇村の長野・袴野地区で断水解消 6日 熊本市仮設住宅すべて完成 7日 益城町が復興計画骨子案 8日 阿蘇中岳36年ぶり爆発的噴火 11日 気象庁が、10日現在の地震回数(震度1以上)2137回を4081回に修正発表 14日 県と15市町村は住宅の一部損壊世帯に一定条件を満たした場合の義援金支給を決める▽益城町で追悼法要 15日 熊本市で慰霊祭 16日 益城町や南阿蘇村で追悼行事▽甲佐町の白旗仮設団地に住民提案の集会所「みんなの家」完成 17日 アイシン九州が全面復旧発表▽熊本市に県の「熊本こころのケアセンター」開所 18日 益城町最後の指定避難所、町総合体育館の避難者が100人を切る 22日 県内外の民間災害ボランティア団体を結ぶネットワーク組織発足 31日 益城、御船、大津の各町が指定避難所を閉鎖。指定避難所の避難者は2カ所4人に▽南阿蘇村立野の357世帯877人が「長期避難世帯」に認定される
11月
1日 阿蘇神社の復旧工事開始▽熊本城修復のため寄付を募る「復興城主」の受け付け始まる▽阿蘇火山博物館が再開 2日 阿蘇市で国道57号の新ルートの開設工事始まる 7日 美里町の避難所が閉鎖 8日 サントリー九州工場が約7カ月ぶり生産再開 10日 益城町が復興計画案示す 12日 県が一部損壊住宅の修理費100万円以上の世帯に義援金10万円を配分する案を固めたことが判明 14日 県が整備予定の応急仮設住宅全110団地4303戸が完成。益城町にはバリアフリー型も 16日 県が益城町の県道熊本高森線を4車線化する方針判明 17日 県は住宅の公費解体(10月末時点)の進捗率発表、27市町村平均は20.8% 18日 西原村の避難所閉鎖、県内の全避難所なくなる 20日 熊本市や南阿蘇村で「復興祭」 29日 県などは修理費100万円以上の分譲マンション入居世帯に義援金10万円の配分決定 30日 熊本市の「ゆめタウンサンピアン」全館営業
12月
1日 益城町は一部損壊世帯に義援金5万円を支給することを公表▽ユーキャン新語・流行語大賞の選考委員特別賞に「復興城主」 2日 県教委が地震で経済的に修学困難になった高校生らを対象にした”給付型奨学金”制度創設へ 4日 熊本地方卸売市場(田崎市場)で復興支援も兼ねて感謝祭、5万人の人出 7日 熊本市は、熊本城天守閣復旧で躯体部分などの修復工事の設計業務委託契約を大林組九州支店と結ぶ。 
 
 



« 2016/04/14から ③ | トップページ | 二重、三重、四重の辛苦の2016年だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016/04/14から ④:

« 2016/04/14から ③ | トップページ | 二重、三重、四重の辛苦の2016年だった »