« Science DNA分析による身元特定と犯罪捜査 ⑥ | トップページ | 副作用の少ない抗がん剤を研究する前田浩さん »

2016年12月20日 (火)

Science DNA分析による身元特定と犯罪捜査 ⑦

続き:
  ♦4.  分析時間(目安)
      資料によって異なる。時間が必要なのは資料からのDNAの抽出、口腔粘膜細胞
     ・血液(痕)・体液などは3時間~半日、毛根・爪は1~2日、骨・歯は3~4日。
      抽出後、PCRは3時間、分析・解析(型判定)は2時間。
  ♦5.  分析
    1)核DNA常染色体(STR)
      Identifiler(IF):犯罪捜査一般・個人識別に用いる。
      Minifiler:IFの分析感度を向上したIFの補助的キット。
    2)核DNA染色体(YSTR)
      Yfile(YF);犯罪捜査、特に性犯罪に有効、父系の証明
    3)ミトコンドリアDNA(mtDNA):超微量資料、毛根のない毛髪、母系の証明。
      





« Science DNA分析による身元特定と犯罪捜査 ⑥ | トップページ | 副作用の少ない抗がん剤を研究する前田浩さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Science DNA分析による身元特定と犯罪捜査 ⑦:

« Science DNA分析による身元特定と犯罪捜査 ⑥ | トップページ | 副作用の少ない抗がん剤を研究する前田浩さん »