« Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ④ー1 | トップページ | Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ⑤ »

2017年6月 2日 (金)

Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ④ー2

続き:
 一例として、小学生を対象に24か月間、実験群1にはキシリトール15%とソルビトール50%配合のガムを咬ませ、実験群2にはキシリトール65%配合のガムを咬ませ、コントロール群にはガムを咬ませなかったという臨床研究挙げる。結果は、キシリトールガムを咬んだ群が有意にコントロール群よりもDMF(S)が低かったが、この実験ではガムを咬むことによるう蝕予防効果の可能性が排除されておらず、また1群と2群の有意差が無い。上のキシリトール配合比率ではDMF(S)に差が無いことも評価されていない。
 この他にもキシリトールにはミュータンスレンサ球菌の増殖抑制作用や、再石灰化促進作用の報告があるが、いずれも元論文にあたると限定的で、これもまた明確なエビデンスではない、中米で行われた臨床研究でコントロール群としてスクロース入りのガムを咬ますなど、初期の論文では倫理的な疑問もある。
 再度強調するのは、キシリトールに限らず糖アルコールは下痢を引き起こすので、とくに小児における利用は注意が必要である。糖アルコールは全く予防効果がないわけではないが、適切な使用に努めるべきである。




« Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ④ー1 | トップページ | Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ⑤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ④ー2:

« Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ④ー1 | トップページ | Science 必要な糖と代用甘味料の知識 ⑤ »