« Clinical 歯科における耐性菌を増加させない抗菌療法 ⑥ | トップページ | iPSで腎性貧血改善 熊日より »

2017年9月29日 (金)

Clinical 歯科における耐性菌を増加させない抗菌療法 ⑦

続き:
◍ 重症顎炎、顎骨周囲の蜂窩織炎に対する第一選択の注射薬
   スルバクタム/アンピシリン(ユナシンS)   1回3g 1日4回
   セフトリアキソン(ロセフィン)     1回1g 1日1~2回
◍ 重症顎炎、顎骨周囲の蜂窩織炎に対する第二選択注射薬
(消炎処置不可能などの際に推奨される薬剤)
   メロペネム(メロペン)               1回1g 1日3回
                小児:1回10mg~40mg/kg  1g 1日3回
   ドリペネム(フィニバックス)            1回1g 1日3回
                小児:1回20mg~40mg/kg    1日3回
         最大1回1gまで
           < 術後感染予防抗菌薬 >
◍ 歯科用インプラント埋入手術における第一選択薬
   アモキシシリン(サワシリン)         250mg  単回投与
◍ 下顎埋伏智歯抜歯手術・創感染のリスクがある抜歯における
第一選択薬
   アモキシシリン(サワシリン)        250mg   1日3回
                   ま た は
   アモキシシリン/クラブラン酸(オーグメンチン)
                              1回375mg 1日3回
   ・ ペニシリンアレルギー患者にはクリンダマイシン(ダラシン)
 
 が推奨されている
◍ 創感染のリスクがない抜歯
   予防的抗菌薬は不要





« Clinical 歯科における耐性菌を増加させない抗菌療法 ⑥ | トップページ | iPSで腎性貧血改善 熊日より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Clinical 歯科における耐性菌を増加させない抗菌療法 ⑦:

« Clinical 歯科における耐性菌を増加させない抗菌療法 ⑥ | トップページ | iPSで腎性貧血改善 熊日より »