« ~医療事故の発生予防・再発防止を目指して~ ③ | トップページ | Report 2018 エイジレス社会 ② »

2018年8月26日 (日)

Report 2018 エイジレス社会 ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんは政府の「2018年版― 高齢社会白書」の発表を書いている。コピー・ペー:
 政府はこのほど、2018年版「高齢社会白書」を閣議決定し発表した。
 同白書では、我が国の高齢化の現状と将来像を分析した上で、2018年2月に閣議決定した新たな「高齢社会対策大綱」をはじめ、政府の高齢社会対策の取り組みを説明している。
 その白書によれば、2017/10/01、現在、我が国の65歳以上人口は3515万人で、総人口1億2671万人に占める割合(高齢化率)は27.7%である。
 今後も、総人口の減少が見込まれる中で65歳以上人口は増え続け、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、高齢化率は2036年には33.3%、2065年には38.4%となり、
 国民の3人に1人以上が高齢者という社会が到来する。
 一方で15~64歳の現役世代は減り続け、遡って1950年には1人の65歳以上の高齢者 1人に対し、12.1人の現役世代がいたのに対し、
 2015年には2.3人になっており、2065年には65歳以上の人1人をたったの1.3人の現役世代で支えることになると推計する。




« ~医療事故の発生予防・再発防止を目指して~ ③ | トップページ | Report 2018 エイジレス社会 ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413185/74103648

この記事へのトラックバック一覧です: Report 2018 エイジレス社会 ①:

« ~医療事故の発生予防・再発防止を目指して~ ③ | トップページ | Report 2018 エイジレス社会 ② »