« 漢方薬処方のポイント――― (1) | トップページ | 口腔機能低下症について ① »

2018年10月 6日 (土)

漢方薬処方のポイント―――(2)

続き:
◍コタロー白虎加人参湯エキス顆粒 ―1g―9.4―(口渇:上と同じ)
    解説:同上。
◍ツムラ排膿散及湯エキス顆粒医療用―1g―8.2―(歯槽膿漏、歯齦炎)
    患部が疼痛を伴う可能性の皮膚および口腔、咽喉の腫物に対し、方名の通り排
    膿の目的で用いられる。
    歯肉が紫色で、腫脹、痛みなどがあり、膿汁を出している場合が適応であると考
    えられる。
    歯周炎の急発時において抗菌薬との併用方法が有効であると報告されている。
    また、智歯周囲炎、消炎切開後の疼痛、硬結に有効であるとの報告もある。実証
    から中間証に用いられる。(適応となる舌は、淡紅色を呈し、白苔や微黄苔が多い)
◍コタロー排膿散及湯エキス顆粒―1g―6.3―(歯槽膿漏、歯齦炎:上と同じ)
    解説:同上。
◍ツムラ葛根湯エキス顆粒医療用―1g―8.4―(上半身の神経痛、顎関節症への代表的
     →漢方薬である。)
    上半身の神経痛や筋肉痛にも有効であることから、肩こりなどの症状が強い場合
    や咀嚼筋群の疼痛がみられる場合は有効である。構成生薬である葛根、麻黄、
    桂皮は発汗作用を有し、鎮痙作用や解熱作用もあることから、咀嚼筋にうっ血の
    場合に有効とされる。(証をあまり考えないで処方できる)
◍コタロー葛根湯エキス顆粒―1g―6,4―(上半身の神経痛:上と同じ)
◍クラシエ葛根湯エキス顆粒―1g―6.9―(上と同じ)
◍クラシエ葛根湯エキス錠T―1g―3.7―(上と同じ)
    上の3つは、解説:同上。
◍ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒医療用―1g―7.0―(急激に起こる筋肉の痙攣を伴う痛、
     筋肉・関節痛。)
    急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛に有効な製剤で、特に、横紋筋や平滑筋異
    常緊張や痛みに効果がある。芍薬と甘草は鎮静、鎮痙、鎮痛作用、抗炎症作用
    を有し、筋肉の痙攣などによる疼痛に有効。(証余り考えないで処方できる)
◍コタロー芍薬甘草湯エキス細粒―1g―6.9―(上と同じ)
◍ウラシエ芍薬甘草湯エキス細粒―1g―8.1―(上と同じ)
    上の2つは、解説:同上。
◍ツムラ補中益気湯エキス顆粒医療用―1g―23.4―(病後の体力増強、口腔疾患病後
     の体力低下、増強)
    身体虚弱、病気、過労等ですべてに力が無く、倦怠感の強い、胃腸が弱っている
    人。感冒などの炎症性疾患の急性期や増悪期の使用には不適当だ。虚証傾向
    に用いる。(適応となる舌は、ごく薄い白苔である)
◍コタロー補中益気湯エキス細粒―1g―11.3―(上と同じ)
◍クラシエ補中益気湯エキス細粒―1g―21.3―(上と同じ)
    上の2つは、解説:同上。
◍ツムラ十全大補湯エキス顆粒医療用―1g―19.0―(病後の体力低下、口腔疾患により
     体力低下を増強する)
    貧血のように顔色が悪い、全身衰弱、皮膚乾燥、食欲不振および倦怠感著明の
    場合。胃腸がひどく弱っている、又は感冒などの炎症性疾患の急性期や増悪期
    の使用には向かない。虚証から中間証に用いられる。(適応となる舌は、湿潤
    で微白苔あるいは黄苔である)
◍コタロー十全大補湯エキス細粒―1g―7.1―(上と同じ)
◍クラシエ十全大補湯エキス顆粒―1g―15.0―(上と同じ)
    上の2つは、解説:同上。





« 漢方薬処方のポイント――― (1) | トップページ | 口腔機能低下症について ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413185/74341198

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方薬処方のポイント―――(2):

« 漢方薬処方のポイント――― (1) | トップページ | 口腔機能低下症について ① »