« Clinical その痛みの原因は? ⑥ | トップページ | トランプ・ザ・パニック ② »

2019年1月26日 (土)

トランプ・ザ・パニック ①

モラウミシガン、ィー
北丸雄二(ジャーナリスト)さんは、『世界2019年1月号』の中で「アメリカの中間選挙の読み方」として書いている。コピー・ペー:
 トランプは下院の敗北を予想していた。そこで選挙直後に先手を打った。セッションズ司法長官の解任(表向きは辞任だが)と、マシュー・ウィティカー首席補佐官の長官代行昇進である。
 セッションズはトランプ選対幹部として当時ロシアと接触したため、ロシア疑惑捜査から自ら身を退いていた。ローゼンスタイン副長官も司法の独立を盾に捜査情報を全く寄越さない。ジリジリと包囲網を狭めるモラー特別検察官にトランプはいきり立っていた。
 そんな折、CNNなどで盛んにトランプ擁護、モラー批判を繰り返すコメンテーターの弁護士に姿が目に入った。ウィティカーだった。2017年10月、トランプは彼を司法長官補佐官に招き入れ、彼を通じてモラー捜査の情報を報告させたのである。
 ところが司法長官代行は脚光を浴び、ウィティカーの過去もまた明るみに出た。ウィティカーは2014年~2017年春にかけ、特許申請をめぐって2600万ドル(29億円)もの詐欺を働いた「ワールド・パテント・マーケティング」社の法律顧問を務めていた。しかも被害者に自ら逆訴訟の脅しをかけるなどの恫喝を行っていたこともわかったのだ。
 ウィティカーによってモラー捜査への”指揮権発動”を目論んだトランプの”先手”は余りにもあからさまで逆に議会から釘を刺されて頓挫中だ。
 すべてが「中間選挙」原理主義で突っ走ってきたが、ここに来て対中国、対北朝鮮政策も宙ぶらりん状態。内政にしてもケリー首席補佐官やマティス国防長官のクビに向けてうごめくだけで前に進みそうもない。
 そこをトランプのツイートだけがけたたましく行ったり来たりしている。
          「さえずる」しかないトランプ
 今回の中間選挙はすべてがトランプだった。トランプを止めようという「青い波(民主党のシンボルカラーである)」が予測され、それに危機感を持った共和党のトランプ支持者たちが盛り返した。一部には「青い波」は予測ほどではなかったとの声もあるが、総得票数でいうと民主党が共和党に9.2%ポイントも差をつけて圧倒した。
 過去25年で「大勝」とか「うねり」とか言われた選挙での得票差は2008年のオバマ選挙時の民主党10.6%ポイントを筆頭に06年中間選挙での民主党8.0%ポイント差、10年の共和党7.2%ポイント差。それらと比しても今回(18年)の「9.2」という数字は大きい。
 中でも今回初めて投票したという人は16%に上り、うち61%が民主党に投票した。さらに18~29歳のミレニアル世代の67%、女性の59%も民主党に投票した(CNN出口調査)。
 特にミレニアル世代の投票率は前回の中間選挙の16%から今回は31%にほぼ倍増した。この層はベビーブーマー世代(7400万人)に次ぐ7100万人という大票田だ。
 「青い波」は、単に獲得議席数を見ただけでは気付かないところで確実に起きていた。その一つが今回の上院選挙で、共和党議員が改選となった26州のうち、2年前トランプが勝利した10州で民主党が6勝4敗だったことだ。特にミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニアといった重要なスイング州で、民主党は6~13%ポイントの大差で勝利した。
 トランプが侮辱してきた層も軒並み民主党を中心に議席を獲得した。
 「#MeToo」運動を背景に、女性の下院議員は史上初めて100人を越えた(過去最高は85人)。ムスリム女性や、レズビアンのネイティブ女性議員も誕生した。
 同時に行われた州知事選挙も象徴的だった。アイオワ、メイン、サウスダコタ、米領グアム島では初の女性知事が、コロラド州ではゲイの州知事誕生した。これもまた「反トランプ」のうねり現象だ。
 知事改選36州のうち、共和党知事は26州、民主党知事が10州だったが、これが共和党は20州に減り、民主党が16州と増えた。結果、全米50州中計23州が民主党知事になった。重要なのは、この知事たちが今後10年間の選挙区割りを決めるということだ。これまでは共和党知事たちが共和党に有利なようにゲリマンダー(選挙区割り)を行っていた。それが今度は、民主党有利のゲリマンダー化するということである。
          予想以上の「反トランプ」
 
 




« Clinical その痛みの原因は? ⑥ | トップページ | トランプ・ザ・パニック ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ・ザ・パニック ①:

« Clinical その痛みの原因は? ⑥ | トップページ | トランプ・ザ・パニック ② »