« Clinical ブラキシズムとしての TCH ① | トップページ | Clinical ブラキシズムとしての TCH ③ »

2019年2月27日 (水)

Clinical ブラキシズムとしての TCH ②

続き:
2. 睡眠時ブラキシズム (SB)
◆睡眠時ブラキシズムとは
 SB は睡眠障害国際分類(2005年)によると、「睡眠関連運動異常症」に分類。睡眠中の筋活動は覚醒時に比べるとはるかに低下した状態だ。この筋の緊張低下は咀嚼筋群にも生じていて、重力の影響で下顎は後下方へ落ち込み、その結果やや開口状態が保たれる。
 しかし、睡眠深度の変化等により筋の緊張が上昇して下顎の運動が生じることがある。睡眠中に1時間当たり6~10回程度の唾液嚥下運動が生じ、それ以外にも咀嚼しているような下顎運動が生じる。これは Rhythmic masticatory muscle activity (RMMA) と言い、60%の人に1時間当たり2回程度の頻度で出現する。
 SB が過剰な場合、このRMMA の発現数や筋活動量は増加すると言われている。この増加した RMMA のうち約40%に歯ぎしり音が伴うことから、SB の発生には RMMA の発現が必要不可欠であるといえる。
 RMMA の発現と睡眠中の生理的活動を調べた研究によると、RMMA の発現直前に脳波活動の増加と交感神経活動の亢進による心拍数や呼吸数の増加が認められた。即ち、中枢性の活動亢進に引き続き RMMA が生じることから、SB の発生は中枢性だ。
 このような研究結果により、歯の早期接触や不正咬合など咬合に SB の発生原因を求める考えは最近では否定されている。
 SB の発生頻度がなぜ増加するのかということについては、まだ不明な部分が多いが、遺伝要因が強いとも言われ、それ以外にもストレスや睡眠時無呼吸など様々な修飾因子が関与していると考えられている。
     睡眠時ブラキシズム (SB) に関わると考えられるファクター
               < SB >
   一次性――――遺伝子
   二次性――――睡眠障害、身体・精神疾患(ストレス、胃食道逆流)、薬物(SSRI、
              ドーパミン受容体遮断薬)、嗜好品(アルコール、カフェイン)
3. 覚醒時ブラキシズム (AB) ~TCH~
1) TCH とは
 TCH という言葉については、東京医科歯科大学附属病院顎関節治療部の前診療科長である木野孔司先生と、東京慈恵会医科大学元教授の杉崎正志先生のご尽力もあり、歯科医療従事者(歯科医師、歯科衛生士)に周知されるようになってきた。
 しかし、我々の外来に紹介されてくる患者をみると、前医からTCH について説明は受けているものの、こちらのイメージとはかけ離れた説明や指導を受けていたのではないかと思える状況に遭遇することが多い。
 また、他の歯科関連雑誌の記事をみても、我々が提唱してきたものと異なる内容が書かれていることが散見される。つまり、TCH という言葉は知っているが、本来の考え方と適切な対処法について十分に理解されていない可能性がある。
 TCH とは "tooth contactng habit" の略。この中の "contacting" という部分が実は非常に重要になって来る。
 AB については、"tooth clench" あるいは”くいしばり”という言葉が使われることが多い。しかし、この”くいしばり”という言葉から連想される力のイメージは、最大咬合力の70~80%程度であるといわれている。外来の患者に”くいしばり”を再現させてみると、殆どの患者はその力を維持することは困難であると答える。
 続いて、その1/4 程度の力で咬んでもらうと、維持することが可能であり、さらにはその状態は”くいしばり”という認識ではなく”歯が当たっている”状態であるという。この状況は "tooth contact" と表現することができる。
 最大咬合力の40%および7.5%の力で咬み続けられる時間は約1.5分ならびに約2.5時間と言われている。つまり、大きな咬合力では持続が困難であるということである。つまり、くいしばり (tooth clench) は持続困難で、歯の接触 (tooth contact) は持続可能ということになる。"tooth contact" を持続している状態が "tooth contacting" である。 "toothcontacting" がより長時間化し、日常生活において習慣 (habit) として定着したものが "tooth contacting habit" である。
 すなわち、TCH とは「上下の歯を接触させたままにする行為を繰り返す習慣性の行動パターン」であり、上下歯の接触自体を表すものではない。
               Tooth Contact
                    ↓持続
                 Tooth Contacting
                    ↓長時間反復
               Tooth Contacting Habit―――TCH
                    TCH の概念


« Clinical ブラキシズムとしての TCH ① | トップページ | Clinical ブラキシズムとしての TCH ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Clinical ブラキシズムとしての TCH ②:

« Clinical ブラキシズムとしての TCH ① | トップページ | Clinical ブラキシズムとしての TCH ③ »