« Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ① | トップページ | Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ③ »

2019年2月25日 (月)

Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ②

続き:
 PHC とは、実践的で、科学的に有効な手段と技術に基づいた保健活動であり、人々が生活する場所に近接して提供される継続的な保健活動である。
 アルマ・アタ宣言では、健康は基本的人権の一つであり、可能な限り高度な健康水準を達成することは最も重要な世界全体の社会目標であることを確認。また、人々の健康には先進国と開発途上国の間の大きな不平等が存在し、国内にも不平等があり、政治的社会的経済的に容認できないものであると指摘した。
 PHC は保険システムの中心的機能だが、同時に地域社会の社会開発の一部でもあり、不平等を解消し、「すべての人に健康を」という目標を達成するためのキー(鍵)であるとした。
                それから40年。
 アスタナ会議ではアルマ・アタ宣言から世界の人々の健康の現況および将来を見通して「アスタナ宣言」を採択した。
 アスタナ宣言は、「保険サービスの最初の入り口である PHC を強化することは、人々の身体的および精神的健康、ならびに社会福祉を高める最も包括的かつ効果的かつ効率的なアプローチであり、 PHC は、UHC および医療関連の SDGs のための持続可能な保険システムの基礎であると確信している」と、 PHC の原点を再認識する。
 さらに一方で、「過去40年間に目覚ましい進歩があったにもかかわらず、世界中の人々の健康ニーズには十分に応えられていない」と述べている。
 
 





« Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ① | トップページ | Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ②:

« Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ① | トップページ | Report 2019 「アルマ・アタ宣言」と「アスタナ宣言」 ③ »