« Clinical 早期発見!口腔癌を見過ごさないために知っておくべきこと ⑧ | トップページ | Clinical 口腔症状を契機にHIV感染が判明した症例 ① »

2019年11月22日 (金)

Clinical 早期発見!口腔癌を見過ごさないために知っておくべきこと ⑨

続き:

◎パパニコロウ分類

Class Ⅰ Absence of atypical or abnormal cells 異形または異常細胞を認めない

Class Ⅱ Atypical cytology but no evidence of malignancy 異形または異常細胞を認めるが悪性の疑いがないもの

Class Ⅲ Cytology suggestive of, but not conclusive for malignancy 悪性の疑いのある異常細胞を認めるが悪性と言い切れない

Class Ⅳ Cytology strongly suggestive of malignancy 悪性細胞と判断しうるが、比較的悪性の特徴に乏しくかつ少数である

Class Ⅴ Cytology conclusive for malignancy 明らかな悪性細胞を多数認める

◎日本臨床細胞学会口腔細胞診ワーキンググループの新報告様式(参考文献9より引用改変)

①   NILM(negative for intrapithelial lesion of malignancy)

    正常及び反応性あるいは上皮内病変や悪性腫瘍性変化がない

②   OLSIL(oral low-grade squamous intraepithelial lesion or low-grade dysplasia)

    口腔低異形度上皮内腫瘍性病変あるいは上皮性異形成相当

③   OHSIL(oral high-grade squamous intraepithelial lesion or high-grade dysplasia)

    口腔高異型度上皮内腫瘍性病変あるいは上皮性異形成相当

④   SCC(squamous cell carcinoma)

    扁平上皮癌

⑤   IFN(indefinite for neoplasia)

    鑑別困難、細胞学的に腫瘍性あるいは非腫瘍性と判断し難い

◎口腔上皮性異形成の分類法(参考文献6より引用改変)

■ 2分類法

   低異型度異形成 ( Low-grade dysplasia )

   高異型度異形成( High-grade dysplasia )

■  3分類法

   軽度異形成( Mild dysplasia )

   中等度異形成 ( Moderate dysplasia )

   高度異形成 ( Severe dysplasia )

« Clinical 早期発見!口腔癌を見過ごさないために知っておくべきこと ⑧ | トップページ | Clinical 口腔症状を契機にHIV感染が判明した症例 ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事