« 内の目外の目 第209回 粧うから口腔ケアを考える ② | トップページ | Report 2020 風しん・麻しん最前線 ① »

2020年5月 6日 (水)

内の目外の目 第209回 粧うから口腔ケアを考える ③

続き:

最後に

 2000年の厚生省(当時)の定義では、生活の質(QOL)とは、「日常生活や社会生活のあり方を自らの意思で決定し、生活の目標や生活様式を選択できることであり、本人が身体的、精神的、社会的、文化的に満足できる豊かな生活」とされている。

 院内では患者だが、自宅に戻れば一生活者である。生活の中で身近な化粧と口腔ケアを融合することで、口腔ケアが、口のケアだけでなく全身、そして心理的・社会的なケアの機能をもつ介護予防の取り組みとして認知されることを期待したい。そして、その活動が歯科従事者から発信され、高齢者の QOL の向上につながることを願っている。

 化粧療法に関する詳細は、「資生堂ライフクオリティービューティーセミナー」のWeb ページ、にあります。

« 内の目外の目 第209回 粧うから口腔ケアを考える ② | トップページ | Report 2020 風しん・麻しん最前線 ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事