« 人間と科学 第314回 体と心の5億年(4)―レオナルド・ダ・ヴィンチの「絵画の科学」 ③ | トップページ | Report 2020 テレワーク ② »

2020年7月25日 (土)

Report 2020 テレワーク ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんのレポートである。 コピーペー:

 内閣府は、「新型コロナウィルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」を行った。この調査は、COVID=19の感染拡大前に比べて、生活意識や生活行動がどのように変化したかを調べる目的で、緊急事態宣言が全面解除された5月25日~6月5日までインターネットで実施し、全国の15歳以上の男女1万128人から回答を得た。

 6月21日に発表された結果によれば、生活意識については、半数の49.9%が「感染拡大前に比べて家族の重要性をより意識するようになった」と答えた。また、全国の就業者の34.6%がCOVID=19の影響下でテレワークを経験したと回答、東京23区では55.5%がテレワークを経験していた。テレワーク経験者の64.2%が「仕事より生活を重視すると考えるように変化した」と答え、テレワーク未経験者の同34.4%を大きく上回った。

 この調査とは別に、厚労省が SNS サービスのLINEの登録者を対象に、3月31日~4月1日に行った第1回「新型コロナ対策のための全国調査」では、「新型コロナ感染予防のためにしていること」として「仕事はテレワークにしている」と答えた人は5.6%に留まっていた。 

 

« 人間と科学 第314回 体と心の5億年(4)―レオナルド・ダ・ヴィンチの「絵画の科学」 ③ | トップページ | Report 2020 テレワーク ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事