« Report 2020 薬剤耐性 (AMR) 対策推進月間 ① | トップページ | Report 2020 薬剤耐性 (AMR)対策推進月間 ③ »

2020年12月 2日 (水)

Report 2020 薬剤耐性 (AMR) 対策推進月間 ②

続き:

 一方で、67.4%が新型コロナウィルス感染症(COVID-19) が流行し始めてから「感染症や感染対策に関する情報を以前より気にするようになった」、感染対策(手洗い、咳エチケット等)を「今後も日常生活で続ける」人が65.6%となった。

 同センターでは、COVID-19の流行を契機とした感染症に対する意識の向上が、薬剤耐性対策にもつながるよう働き続けていきたいとしている。

 薬剤耐性は世界中で深刻化しており、WHOは2015年に「薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プラン」を採択し、11月18日を含む週を世界薬剤啓発週間と定めた。これを受けて日本政府は2016年4月に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」を決定し、11月を「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」と定めた。

 AMR対策アクションプランは、わが国が2020年までの5年間に集中的に取り組むべき対策をまとめたもので、成果目標として一日の抗菌薬の合計使用量を33%減少することなど6分野で具体的な目標を定め、医療と畜産(動物など)の両方の分野で一体的な対策を打ち出した。

« Report 2020 薬剤耐性 (AMR) 対策推進月間 ① | トップページ | Report 2020 薬剤耐性 (AMR)対策推進月間 ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事