« Report 2021 スポーツ立国 ② | トップページ | 人間と科学 第329回 医療統計学リテラシー(1) ① »

2021年12月 3日 (金)

Report 2021 スポーツ立国 ③

続き:

 スポーツ庁が先頃発表した令和2年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」の結果では、成人の週1回以上のスポーツ実施率は59.9%だった。前年調査より6,3ポイント増加して増加傾向が続いているものの、第2期基本計画では同65%程度を目標値としているので、現況ではいま一歩未達である。

 スポーツ実施の頻度が増えたという回答者にその理由をたねたところ、「コロナウィルス感染症対策による日常生活の変化」(36.4%)、「仕事が忙しくなくなったから」(27.0%)の順で多かった。一方、1年前に比べて運動・スポーツの実施頻度が減った。または増やせない人の理由では、「仕事や家事が忙しいから」(39.9%)、「年をとったから」(23.6%)、「コロナウィルス感染症対策による日常生活の変化」(18.1%)などで、ここにもCOVID-19感染拡大の影響が及んでいた。

 先日、ようやく緊急事態宣言等が全面解除され、国民は第6波の感染拡大を警戒しながらも、少しずつ日常の活動を取り戻しつつある。来秋は、スポーツ立国へ向けて、スポーツの秋を存分に満喫できるようになるだろうか。

« Report 2021 スポーツ立国 ② | トップページ | 人間と科学 第329回 医療統計学リテラシー(1) ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事