« 人間と科学 第335回 転換期を迎えるエネルギーシステム(2) ③ | トップページ | Report 2022 三師統計 ② »

2022年5月29日 (日)

Report 2022 三師統計 ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんの小論文 コピーペー:

 厚労省は 2020 (令和 2 )年「医師・歯科医師・薬剤師統計」(三師統計)の結果を公表した。医師数、歯科医師数、薬剤歯数はいずれも 2018 年の前回に比べて増加し、2020/12/31 現在の医師数は33万9623人(前回に比べ1万2413人、3.8増加)、歯科医師数は10万7443人(同2535人、2.4増加)、薬剤歯数は32万1982人(同1万693人、3.4%増加)だった。

 

 三師統計は、医師、歯科医師および薬剤師について、年齢、性、業務の種別、従事場所および診療科名(薬剤師を除く)等による分布を明らかにして、厚労行政の基礎資料を得ることを目的に、2年ごとに届け出が集計されている。2016年までは「医師・歯科医師・薬剤師調査」として実施されていた。2018年度からは、統計法による一般統計調査としての同調査は中止し、行政記録情報を利用して作成する公的統計である「医師・歯科医師・薬剤師統計」として作成されている。

 

 医師および歯科医師については、1948年の医師法および歯科医師法の施行以来、医師、歯科医師から提出される届出票を集計し、その結果を公表してきた。

 

 

 

 

« 人間と科学 第335回 転換期を迎えるエネルギーシステム(2) ③ | トップページ | Report 2022 三師統計 ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事