« TOPICS 事例から学ぶトラブル予防と早期解決の方略 ⑧ | トップページ | Report 2022 コミュニティナース ② »

2022年8月 9日 (火)

Report 2022 コミュニティナース ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんのレポート: コピー・ペー:

 2022(令和4)年版「高齢社会白書」が閣議決定された。わが国の高齢化の状況は、2021/10/01 現在、65歳以上人口は 3621 万人となり、総人口

1億2550万人に占める割合(高齢化率)は 28.9% なった。

 国立社会・人口問題研究所が公表した「日本の将来推計人口」では、65歳以上の人口は、団塊の世代が75歳以上になる 2025 (令和 7)年には、3677 万人になり、その後 2042 (令和 24) 年の3935 万人をピークに減少するものの、総人口の減少が進むため、高齢化率は上昇を続け、2065 (令和 47) 年には 38.4%、国民の 2.6人に1人が 65歳以上になると推計されている。

 平均寿命は 2019 (令和元)年時点で、男性81,41歳、女性87.45歳でいずれも前年を上回っている。男女ともに今後も平均寿命はさらに延び、2065年には男性84.95歳、女性91.35歳となり、女性は 90歳を超えて、文字通り人生 100年の時代になると見込まれている。一方、健康寿命(日常生活に制限のない期間)は 2019年で、男性 72.68歳、女性 75.38歳。年々の健康寿命の延びは平均寿命の延びを上回っており、平均寿命と健康寿命の差は徐々に縮みつつあるものの、男性は 8,73年、女性では 12.06年のギャップがまだ残っている。 

« TOPICS 事例から学ぶトラブル予防と早期解決の方略 ⑧ | トップページ | Report 2022 コミュニティナース ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事