« Report 2022 緊急事態宣言 ③ | トップページ | TOPICS 歯科領域における日本語オノマトペの奥深さ ① »

2022年9月 8日 (木)

Report 2022 緊急事態宣言 ④

続き:

 治療には、欧米で承認されている天然痘治療薬「テコビリマット」が効果があるとされる。日本では未承認だが、厚労省が緊急輸入し、特定臨床研究の枠組みで国立国際医療研究センター病院(東京都)、りんくう総合医療センター(大阪府)、藤田医科大学病院(愛知県)。琉球大学病院(沖縄県)の 4施設で投与可能となっている。

 感染・発症予防には痘そう(天然痘)ワクチンが有効。天然痘撲滅以後、接種は行なわれていないが、バイオテロ対策のために日本にも備蓄がある。ただしこれも日本ではサル痘の適応は未承認なので、特定臨床研究として試用中だ。適応の追加が検討されている。

 テドロス事務局長は記者会見で「現状では感染拡大は男性と性交渉する男性に集中している。適切なグループに適切な戦略を取れば、拡大防止ができる」と呼びかけた。

 一方で、性的少数者などへの偏見や差別につながらないように強く警告した。

« Report 2022 緊急事態宣言 ③ | トップページ | TOPICS 歯科領域における日本語オノマトペの奥深さ ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事