« 人間と科学 第338回 転換期を迎えるエネルギーシステム(5)――④ | トップページ | Report 2022 緊急事態宣言 ② »

2022年9月 5日 (月)

Report 2022 緊急事態宣言 ①

広多勤(横浜ヘルスリサーチ代表)さんは次のことを載せている コピーペー:

 世界保健機構(WHO) のテドロス事務局長は 2022/07/23、欧米を中心に患者が急増しているサル痘の流行について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(public health emergency of international concern::PHEIC)」に該当すると宣言した。

 日本政府はこの WHO の緊急事態宣言を受けて、関係省庁会議を開き関係国と連携し情報収集にあたるとともに、感染例、疑いの例の発生に備え、検査や患者の受入体制を整えている。

 WHOは PHEIC を「疾病の国際的な広がりによって他国に公衆衛生上のリスクをもたらし、潜在的に国際的な協調対応を必要とする異常な事態」と定義している。専門家による緊急委員会が国際保健規則(international health regulations:IHR) に基づき評価した結果を受け、WHO事務局長が宣言する。宣言が発出されると、加盟国には予防、監視などの対策が求められる。

« 人間と科学 第338回 転換期を迎えるエネルギーシステム(5)――④ | トップページ | Report 2022 緊急事態宣言 ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事