« 患者さんの体験記 ① | トップページ | 患者さんの体験記 ③ »

2022年10月19日 (水)

患者さんの体験記 ②

続き:

      患者 B さんの体験記

     自分がHIV 陽性だと申告し、かかりつkになった歯科は初めてです。これまで HIV を申告せずに歯科医院にかかったこともあります。ですが

    が、出血することがあるので、申告していないことに対して心苦しく感じていました。

     現在通っているのは、HIV でかかりつけ医の内科から紹介された歯科です。スタッフの皆さんは自分が HIV 陽性であることをご存知なので、

    「申告してない」というストレスがなく、自分自身の気持ちが楽です。スタッフさんは、全ての患者さんに対して感染対策をされています

    それで、自分にだけ重装備になることはありません。知識もあるので、他の患者さんと変わらずに接して診察してくれています。

    自分自身も HIV 感染が発覚してから、病気について勉強しましたが、HBV や HCV に比べて HIV の方が感染力は弱いですし、滅菌や消毒で

    感染力はなくなります。また、薬剤でウイルス量がコントロールされていれば、血液感染で他人に感染させることは殆どありません。そのあたり

    を理解してもらった上で、歯科の診察・治療を承けられているのは、とても有難いです。普通の世間話も出来ますし、壁を感じることもありま

    せん。土地柄もあると思いますが、恵まれているな、とも感じています。

« 患者さんの体験記 ① | トップページ | 患者さんの体験記 ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事