« Report 2023 5 類感染症 ② | トップページ | 人間と科学 第348回 歴史散歩 医学の眼 リーダーたちが病気になった時(3) ① »

2023年7月 3日 (月)

Report 2023 5 類感染症 ③

続き:

 これに先立って、政府の「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」で座長を務める国立感染症研究所長の脇田隆字氏は、アドバイザリーボードの専門家ら 3 名と連名で、これまでの疫学と今後想定される伝播動態を総括したリポートを資料として提出した。

 脇田氏らは「COVID-19の流行は今も続いている」、「今後、第9波の流行が起きる可能性が高い」として「死亡リスクの高い高齢者や基礎疾患を持つ人たちに対する対策は 5月8日以降も継続する必要がある」と指摘している。

 また今後、伝播に有利でかつ病原性も高い変異株・亜系統が出現する可能性もあるものの「流行株の伝播性や病原性をリアルタイムに把握できなくなることに加えて、海外においてもサーベイランスの精度が落ちており、海外からもこのようなデータは得られなくなっていることにも留意が必要である」と警告している。

« Report 2023 5 類感染症 ② | トップページ | 人間と科学 第348回 歴史散歩 医学の眼 リーダーたちが病気になった時(3) ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事