ニュース

2007年7月15日 (日)

ボートマッチー2

 「ボートマッチ」の試行期間(7/7~7/12)に、参加した。利用者は、20代ー36%  30代ー34%  40代ー12%  50代ー4%  60代以上ー1%であり、なお、 10代以下では5%もやっていた。

 利用者のアンケートでは、選挙の争点は何か、自分と政党候補者の考え方の違いもわかり、それ故、参議院選への関心度が高まった。

 感想の書き込みには、回答を真剣に考えた、自分にとっての争点が質問になかった。又、選択肢がものたりなっかった。

 50代以上の人、人は、非常に選挙に関心が高い層なのに、IT弱者なのであろうか?